Home > 観光振興ビジョン > 戦略3◆釧路ブランド構築戦略
観光振興ビジョン

観光振興ビジョン
戦略3◆釧路ブランド構築戦略

-観光客に選ばれ続ける価値づくりのために-

取り組み事例

質の高い水産物が水揚げされる釧路市では、釧路ブランド産品の確立に向けた動きが盛んです。中でも「くしろ鯨ブランド研究会」は釧路の鯨の商品化・ブランド化を図るとともに、鯨食文化の普及を目的として設立されました。これまでに、鯨料理レシピの募集や、イベントでのPR、冊子づくりなどが行われ、釧路市内における鯨肉の利用が高まっています。

①地場産品の品質保持・管理の仕組みづくり

地場産品について適切な管理を行い、安定的に優れた品質を保持、提供できるような仕組みを構築します。

②釧路ブランドとしての認証とラベリング

高い品質を保持している地場産品を釧路ブランドとして認証、統一したラベルのもとに市場に対してアピールして、釧路の地域イメージ浸透の足がかりにします。

③釧路市民と観光客に向けた釧路ブランドのプロモーション

ブランド認証、ラベリングとあわせて、これらの地場産品を釧路市民、観光客の双方に認知してもらうためのプロモーションを行います。

④釧路ブランドのPRと組み合わせた地域への誘客キャンペーン

釧路ブランドの産品の中から、釧路市内でしか手に入らないもの、釧路に来ないと味わえないものを選び、釧路観光の魅力要素としてアピールします。