Home > くしろの観光情報 > おいしい釧路の味三昧
くしろの観光情報

くしろの観光情報

おいしい釧路の味三昧

釧路ラーメン

最近全国各地で話題を集めている、ご当地ラーメン。北海道では札幌・旭川などが有名ですが、忘れられちゃ困るのがご当地ラーメンの老舗「釧路ラーメン」です。 釧路には市内・近郊合わせ100店以上のラーメン店があり、古くから市民に浸透し、独自のラーメン文化が形成されていました。釧路ラーメン最大の特徴は、コシが強く「日本一細い」とまで言われる「極細の縮れ麺」が挙げられます。細麺になった理由は様々な説がありますが、最も有力なのは、カツオや昆布だしをベースとし澄んだあっさりスープに合うのは細麺で、より多くのスープと絡むよう「麺の縮れ」が為されたのであろうと言われています。

釧路の蕎麦

釧路の蕎麦の歴史は、東家の歴史とも言えます。そもそも東家の創業は明治七年、小樽で夜啼そば屋を始めた事に遡ります。 当時はそば団子しかない時代でしたから、そば切りによるそば造りは、北海道ではこれが最初と言われています。 以降、紆余曲折を経て釧路に開業したのが明治45年、ここから「釧路の美味しいそば」の歴史が始まりました。 以来、独自の工夫を重ね、昭和天皇がお召しになり、お代わりされたという「蘭切り」や「そば寿司」「かしわぬき」など数々の味わいが生み出されました。

炉端焼き

釧路の『美味しい魚』を一層美味しく食べさせてくれるのが、釧路が発祥と言われている『炉端焼』。 獲れたての新鮮な魚貝を炭火でジュッと焼き上げる旨さ、香ばしさは格別!釧路市内には数多くの炉端がありますが、お店のカウンターは、旬の味覚であふれています。

寿司&サンマ刺身

漁業を基幹産業として栄えた釧路では、もともと魚の味にうるさい漁師さんや市場で働く人が多くいます。 それら水産関係者が納得する新鮮なネタを使い、釧路の気候風土に合わせた寿司をつくる。その脈々たる流れが『釧路のおいしい寿司』の原点です。 そして、寿司と並んで人気が高い刺身・・・とくにサンマの刺身は、獲れたてを調理しないと、すぐに風味や身の柔らかさが損なわれてしまいます。 だからこそ釧路!その日水揚げされたサンマを新鮮なまま刺身でいただく、なんとも贅沢な一品です。

和商市場・勝手丼

JR釧路駅を出て西側には、最近では観光コースの一部ともなっている「和商市場」。 行商人たちが「和して商う」という意味をこめて和商協同組合を設立し現在では、魚介、野菜、乾物、衣類、肉、薬、雑貨などの豊富な品揃えと、 安くて新鮮な商品を売り物に料理人や主婦などでいつも活気づいています。 さらに!観光客の方に大人気なのが「勝手丼」です。最初に白飯だけを丼によそってもらい、あとは新鮮な魚介類が揃った市場の中をウロウロ。 お気に入りの魚屋さんで、ウニ、イクラ、エビ、ホタテ・・・お好みの食材をご飯の上にのせてもらって「いただきま~す。」獲れたての新鮮さをその場でパクリ! まさしく美味しいもの自分勝手流!勝手丼なのです。

ザンギ

北海道では鶏の唐揚げを「ザンギ」と呼びます。 釧路発祥と言われているザンギのいわれは諸説ありますが、昭和35年頃に地元の割烹「鳥松」が中華料理の鶏の唐揚げ「ザーギー」をメニューとしてだす際に、運が付くように「ん」を加え名付けたのが始まりと言われています。 カラッと揚がったアツアツの骨付きの肉にソースをつけて食べるのが「元祖・釧路サンギ」。 この美味しさは実際に食べてみなくちゃ!

地酒

釧路の美味しい魚、旨い肴に合わせて飲むお酒、そのお勧めが地酒「福司」です。釧路の清らかな伏流水と冷涼な気候、 そして酒造りにかける杜氏の情熱が育んだ手作りの銘酒です。お土産としても喜ばれます。

おいしい釧路関連の外部リンク

  • 釧路の蕎麦文化 東家総本店竹老園
  • 和商市場HP
  • 福司酒造株式会社