Home > データボックス
データボックス

データボックス


釧路に関する動画や写真、パンフレット(PDF)データをストックしています。ぜひご覧下さい。

キーワード(タグ)で探してみよう!
128 件(全473件)がヒットしました。
冬のタンチョウ1音羽橋
動画 | 2011/04/20


釧路はタンチョウをはじめ、多くの野生動物に囲まれた都市、まさに宝庫です。 市街地から一歩外に出てドライブすれば、エゾシカやキタキツネに出会うこともしばしば。 特に冬になると、餌を求めて道路沿いにやってくる確率も高くなります。 野生の動物に人の食べ物を与えることは生態系に影響を与えますが、カメラに収めるのであれば何も気兼ねはいりません。 お気に入りの動物に出会うまで、のんびりドライブはいかがでしょう?
冬のタンチョウ2鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ
動画 | 2011/04/20


現在、北海道東部にのみ棲息しているタンチョウ・・・その美しい姿から、アイヌの人々から「サルルンカムイ(湿原の神)」と呼ばれており、 自然と人の共生のシンボルとして人々に愛されています。 乱獲により一時は絶滅寸前まで数が減りましたが、保護活動の成果もあり、2006年現在でその数は1,000羽を超えています。
冬のタンチョウ3鶴見台
動画 | 2011/04/20


現在、北海道東部にのみ棲息しているタンチョウ・・・その美しい姿から、アイヌの人々から「サルルンカムイ(湿原の神)」と呼ばれており、 自然と人の共生のシンボルとして人々に愛されています。 乱獲により一時は絶滅寸前まで数が減りましたが、保護活動の成果もあり、2006年現在でその数は1,000羽を超えています
冬の動物達
動画 | 2011/04/20


釧路はタンチョウをはじめ、多くの野生動物に囲まれた都市、まさに宝庫です。 市街地から一歩外に出てドライブすれば、エゾシカやキタキツネに出会うこともしばしば。 特に冬になると、餌を求めて道路沿いにやってくる確率も高くなります。 野生の動物に人の食べ物を与えることは生態系に影響を与えますが、カメラに収めるのであれば何も気兼ねはいりません。 お気に入りの動物に出会うまで、のんびりドライブはいかがでしょう?
阿寒国際鶴センター
動画 | 2011/04/20


タンチョウへの人工給餌がはじめて成功した地・阿寒に、研究・教育機関として1996年4月に作られました。 生活や習性などわかりやすく解説した展示コーナーや、映像・文献・資料を集めたライブラリがあり、 飼育場では自然に近い状態で飼育されているタンチョウが観察できます。 敷地内には公園と道の駅駐車場が隣接しており、ピクニックも楽しめます。
釧路市動物園
動画 | 2011/04/20


日本で唯一、シマフクロウを飼育している動物園。48ヘクタールの広大な敷地に、北海道のスターアニマルたちが一同に介しています。 また、「北海道ゾーン」では、北海道特有の動物たちがいろいろな形式で見られます。 間近でみるヒグマや、頭上を飛び交うフクロウ・・・自然の息吹を肌で感じられる動物園です。
野生生物保護センター(ワイルドライフセンター)
動画 | 2011/04/20


通称釧路湿原ワイルドライフセンターと呼ばれ、1993年にオープンしました。 シマフクロウや丹頂など絶滅のおそれのある野生生物や湿地への理解や関心を深める場として最適です。 実際に釧路湿原に降り立つ前に、タンチョウをその目で見学する前に、ちょっとしたお勉強で散策は100倍楽しくなります!
シマフクロウ
動画 | 2011/04/20


シマフクロウは、アイヌの人々から「コタンコロカムイ(村の守り神)」として、数ある鳥類の中でも、特に別格の存在であったようです。北海道のみに棲息し、現在でも百数羽を数えるほどしかおらず、その姿は神聖で荘厳な雰囲気すら漂わせます。1995年に釧路市動物園が初めて飼育下での繁殖に成功し、現在日本で唯一、シマフクロウがみられる動物園となっています。今後もノウハウを積み重ねることで、より積極的な保護が期待されています。
炭鉱関係1炭鉱展示館
動画 | 2011/04/20


釧路には水産業のほかにも、力ある基幹産業の根が張っています。かつて釧路炭鉱として有数の採掘量を誇った釧路炭田、現在では釧路コールマインがその営業を継続しています。また「炭鉱技術海外移転事業」として、石炭採掘の高度な技術を学ぶための留学生の受け入れなども積極的に行っています。もうひとつの基幹産業は製紙業です。現在釧路には二つの製紙工場があります。チップから紙が出来上がるまでのしくみやリサイクル工程の見学を行うこともできる施設になっています。
炭鉱関係2入坑風景
動画 | 2011/04/20


釧路には水産業のほかにも、力ある基幹産業の根が張っています。かつて釧路炭鉱として有数の採掘量を誇った釧路炭田、現在では釧路コールマインがその営業を継続しています。また「炭鉱技術海外移転事業」として、石炭採掘の高度な技術を学ぶための留学生の受け入れなども積極的に行っています。もうひとつの基幹産業は製紙業です。現在釧路には二つの製紙工場があります。チップから紙が出来上がるまでのしくみやリサイクル工程の見学を行うこともできる施設になっています。