Home > データボックス
データボックス

データボックス


釧路に関する動画や写真、パンフレット(PDF)データをストックしています。ぜひご覧下さい。

キーワード(タグ)で探してみよう!
128 件(全473件)がヒットしました。
釧路ラーメン
動画 | 2011/04/20


最近全国各地で話題を集めている、ご当地ラーメン。北海道では札幌・旭川などが有名ですが、忘れられちゃ困るのがご当地ラーメンの老舗「釧路ラーメン」です。釧路には市内・近郊合わせ100店以上のラーメン店があり、古くから市民に浸透し、独自のラーメン文化が形成されていました。釧路ラーメン最大の特徴は、コシが強く「日本一細い」とまで言われる「極細の縮れ麺」が挙げられます。細麺になった理由は様々な説がありますが、最も有力なのは、カツオや昆布だしをベースとし澄んだあっさりスープに合うのは細麺で、より多くのスープと絡むよう「麺の縮れ」が為されたのであろうと言われています。
そば
動画 | 2011/04/19


釧路の蕎麦の歴史は、東家の歴史とも言えます。そもそも東家の創業は明治七年、小樽で夜啼そば屋を始めた事に遡ります。当時はそば団子しかない時代でしたから、そば切りによるそば造りは、北海道ではこれが最初と言われています。以降、紆余曲折を経て釧路に開業したのが明治45年、ここから「釧路の美味しいそば」の歴史が始まりました。以来、独自の工夫を重ね、昭和天皇がお召しになり、お代わりされたという「蘭切り」や「そば寿司」「かしわぬき」など数々の味わいが生み出されました
寿司・さんま刺身
動画 | 2011/04/19


漁業を基幹産業として栄えた釧路では、もともと魚の味にうるさい漁師さんや市場で働く人が多くいます。それら水産関係者が納得する新鮮なネタを使い、釧路の気候風土に合わせた寿司をつくる。その脈々たる流れが『釧路のおいしい寿司』の原点です。そして、寿司と並んで人気が高い刺身・・・とくにサンマの刺身は、獲れたてを調理しないと、すぐに風味や身の柔らかさが損なわれてしまいます。だからこそ釧路!その日水揚げされたサンマを新鮮なまま刺身でいただく、なんとも贅沢な一品です。
ザンギ
動画 | 2011/04/19


北海道では鶏の唐揚げを「ザンギ」と呼びます。釧路発祥と言われているザンギのいわれは諸説ありますが、昭和35年頃に地元の割烹「鳥松」が中華料理の鶏の唐揚げ「ザーギー」をメニューとしてだす際に、運が付くように「ん」を加え名付けたのが始まりと言われています。カラッと揚がったアツアツの骨付きの肉にソースをつけて食べるのが「元祖・釧路サンギ」。この美味しさは実際に食べてみなくちゃ!
幣舞橋1昼
動画 | 2011/04/19


幣舞橋は1889年当時、全道一長い木橋として釧路川に架けられました。現在の橋は初代幣舞橋から数えて五代目として1976年に建設されました。幣舞橋と言えば、札幌の豊平橋・旭川の旭橋と共に、北海道の三大名橋と呼ばれています。橋の欄干には、春夏秋冬を表現する四体の女性像『四季の像』が配されており、まさに異国の風情を醸し出している、魅力あふれる橋です。
幣舞橋2夕・夜
動画 | 2011/04/19


幣舞橋は1889年当時、全道一長い木橋として釧路川に架けられました。現在の橋は初代幣舞橋から数えて五代目として1976年に建設されました。幣舞橋と言えば、札幌の豊平橋・旭川の旭橋と共に、北海道の三大名橋と呼ばれています。橋の欄干には、春夏秋冬を表現する四体の女性像『四季の像』が配されており、まさに異国の風情を醸し出している、魅力あふれる橋です。
幣舞橋3(四季の像)
動画 | 2011/04/19


幣舞橋は1889年当時、全道一長い木橋として釧路川に架けられました。現在の橋は初代幣舞橋から数えて五代目として1976年に建設されました。幣舞橋と言えば、札幌の豊平橋・旭川の旭橋と共に、北海道の三大名橋と呼ばれています。橋の欄干には、春夏秋冬を表現する四体の女性像『四季の像』が配されており、まさに異国の風情を醸し出している、魅力あふれる橋です。
動画 | 2011/04/19


道東の太平洋沿岸では、春から夏にかけ海霧がよく発生し、地元の人々はこの霧を「ガス」と呼んでいます。海上から流れてくるこの霧は、釧路の港や街を包み、夜になると四季像のある幣舞橋周辺はロマンチックな雰囲気に変わります。港から奏でられる霧笛をBGMに、幻想の世界へ皆様をご案内します。
地酒
動画 | 2011/04/19


釧路の美味しい魚、旨い肴に合わせて飲むお酒、そのお勧めが地酒「福司」です。釧路の清らかな伏流水と冷涼な気候、そして酒造りにかける杜氏の情熱が育んだ手作りの銘酒です。お土産としても喜ばれます。
けあらし
動画 | 2011/04/19


厳冬のマイナス20~25度と気温の寒い朝、海面や川面に白いゆげが立ちます。これが「けあらし」です。風がおだやかで寒さの厳しい日、陸の寒気がゆっくりと海上に流れ出して、海面の水蒸気を冷やしてできる濃い霧で、気象用語では蒸気霧といいます。釧路では冷え込みが厳しく、弱い北東風が吹く朝方によく発生します。日常を非日常の世界へと・・・けあらしは全てを包み込みます。